■検査一覧

院内検査

検査項目 内容 料金 含まれる検査コース
内臓脂肪測定 放射線を使わずに内臓脂肪を測定します。 3,200 生理機能 ベーシック スタン
ダード
アンチ
エイジング
動脈硬化測定 血管年齢を評価します。 2,100 生理機能 ベーシック スタン
ダード
アンチ
エイジング
体組成測定 身体の総合的なバランスを分析します。 2,100 生理機能 ベーシック スタン
ダード
アンチ
エイジング
アディポネクチン測定 脂肪細胞から分泌されるホルモンを測定。動脈硬化や糖尿病のリスクを判定します。 6,300 生理機能 ベーシック スタン
ダード
アンチ
エイジング
活性酸素測定 身体の酸化度、抗酸化力を分析します。 6,300

▲ページ上部へ戻る

血液検査

検査項目 内容 料金 含まれる検査コース
動脈硬化度検査 血管炎症を示すホモシステイン、高感度CRPなどより動脈硬化度の評価をします。治療の効果判定にも有効です。 6,900 ベーシック プライマリ スタン
ダード
アンチ
エイジング
癌マーカー検査 肝臓癌、大腸癌、膵臓癌、食道癌、肺癌、前立腺癌(男性)、乳癌、子宮癌(女性)などの癌マーカーを分析して癌リスクを評価します。 10,500 プライマリ スタン
ダード
アンチ
エイジング
胃潰瘍、慢性胃炎検査 胃潰瘍、胃十二指腸炎症の大きな原因であるヘリコパクターピロリ菌やペプシノーゲン1/2比率を判定します。 7,200 プライマリ スタン
ダード
アンチ
エイジング
総合ホルモンバランス 検査 成長ホルモン、DHEA、ストレスホルモン、男性ホルモン(2項目)、女性ホルモン(2項目)、下垂体刺激ホルモン(3項目)、甲状腺、癌マーカーなど約12種類のホルモンバランスを精密分析します。 26,500 ベーシック プライマリ スタン
ダード
アンチ
エイジング
総合血液検査 白血球数、貧血、血小板、肝機能、腎機能、コレステロール関連、感染症、自己免疫疾患、糖尿病、アレルギー抗体、血液型、炎症反応など約60項目を分析します。 15,400 プライマリ スタン
ダード
アンチ
エイジング
簡易血液検査 白血球数、貧血、肝機能、腎機能、コレステロールなどの基本的な血液検査セットです。 4,700
キレーション検査 簡易血液検査の項目に加え、動脈硬化度の測定、炎症反応などを分析します。キレーション等の治療の効果判定にも有効です。 10,000
総合生化学検査 白血球数、貧血、血小板、肝機能、腎機能、コレステロール関連、感染症、自己免疫疾患、糖尿病、炎症反応など約55項目を分析します。 13,300

▲ページ上部へ戻る

最先端検査

検査項目 内容 料金 含まれる検査コース
体内有害重金属検査
(米国検査機関)
水銀、鉛、カドミウム、ヒ素など21項目の有害重金属を分析します。細胞老化の大きな原因の一つが有害重金属です。 22,100 スタン
ダード
アンチ
エイジング
遅延型フードアレルギー検査
(米国検査機関)
自分では気付きにくいフードアレルギー96項目を分析します。慢性疲労、アトピー性皮膚炎、偏頭痛、鬱症状、IBSなどの原因にもなります。 41,800 スタン
ダード
アンチ
エイジング
生活習慣病遺伝子検査 肥満、メタボリック症候群、糖尿病、高血圧、心筋梗塞、脳梗塞、ストレス耐性力、肝臓の解毒能力、コレステロール、骨粗鬆症など51項目の遺伝子を分析します。生涯に1度の検査です。自分の体質を知ることで病気発症を未然に防ぎます。 60,900 アンチ
エイジング
卵巣年齢検査 抗ミュラー管ホルモン(AMH)の濃度を測定することによって、卵巣年齢が何歳くらいか推定することができます。AMHとは、発育過程にある卵胞から分泌されるホルモンです。 9,500
NK細胞活性検査 ナチュラルキラー細胞(NK細胞)の免疫機能を測定します。NK細胞は主に血液中に存在し、免疫機能に重要な役割を演じていると言われています。 10,500
唾液ホルモン精密検査
(米国検査機関)
血液では測定困難なホルモン値を唾液で精密測定します。ホルモン補充療法や日内変動のあるホルモン測定には大変重要な検査です。 39,900
MCIスクリーニング検査 血液中の特定のタンパク質を調べることにより、アルツハイマー型認知症の前段階である軽度認知症(MCI)のリスクを調べます。 21,600
腸内フローラ検査 腸内細菌の分析を行い、消化・代謝機能を調べます。 26,500
高度消化管分析(CDSA4)
(米国検査機関)
便の高度分析検査。腸内細菌の分析の他、消化・代謝機能、炎症マーカー、腫瘍マーカー、寄生虫、抗生物質の感受性を調べます。 83,000
ビタミンC血中濃度測定 血液中のビタミンC濃度を測定します。 4,200
AGE検査 AGE(終末糖化産物)を測定し、炎症の原因となる体の糖化度を分析します。AGEは老化や様々な病気のリスクを高めます。

▲ページ上部へ戻る

ドック

検査項目 料金 内容
生理機能検査 12,600 最先端の医療機器を使い、体の現状を調べます。
ベーシックドック 43,600 生理機能検査に加え、血液からホルモンのバランスをチェックします。
プライマリドック 62,000 血液から体の現状を調べます。
スタンダードドック 132,300 最先端検査から自分では気付かない弱点を探ります。
アンチエイジングドック 183,800 スタンダードドックに加え、遺伝子から体の傾向を調べます。

詳しい検査項目はコチラをご覧ください